スピルリナの特徴

  • 管理者
  • 2017-09-01
  • 未分類
  • スピルリナの特徴 はコメントを受け付けていません。

スピルリナについてはじめて聞くという方も全く馴染みのない方もいるとおもいます。いま話題になっているスーパーフードと言えば、何となくピンと来た方もいるはずです。このスピルリナがどのような特徴があり、効果を得ることができるのか紹介したいとおもいます。

スピルリナとは、単細胞微細藻類の仲間で濃緑色をしている原核生物です。約30億年目にはこの世に出現していたとも言われているので、そんなに昔からあるすごい生物だからスーパーフードと呼ばれているんだと納得する方もいるとおもいます。

しかし、多くの健康食品で使用されているスピルリナは、アルスロスピラ属である藻類であると言われています。理由としては、分類の属性が変更になっているがその後も「スピルリナ」の呼び方が一般に知れ渡っていることから使用され続けていると言われています。

さて、藻類であるスピルリナはどのような場所に生息しているのでしょう。藻類ということでらせん状をしているのが特徴でしょう。非常に強い生態であるため、強アルカリ性塩水湖や淡水湖、また海水でも確認することができます。これ以外にも注目すべき点は、人工栽培を容易にできることです。しかも低コストで実現することができるので、アフリカを中心とした熱帯地域で非常に注目を浴びています。それはこれだけのスーパーフードを栽培することが容易であれば、貧困に苦しむ人々に栄養面での希望を与えることが可能だからです。